ナマステ再び

ネパール滞在後の日常@主に日本です。

夏の花見

山に全然登ってなくて、リハビリが必要という事で、ゴンドラで手軽に登れる入笠山(にゅうかさやま)へ早起きして向かう。

午前9時ゴンドラ山麓駅。ここは、MTBのメッカで自転車と共に乗る人も多い。

山頂温度23度。陽射しは強いけど、涼しい。

ここは、山に登らなくても、湿原やお花畑を楽しめる。ま、でも登るよね。

ゴンドラ山頂駅-入笠湿原-八ヶ岳ビューポイント-首切登山口-入笠山-お花畑-入笠湿原-ゴンドラ山頂駅

のコース。

入笠湿原

本当のそれなりに急な山道は、たったの15分。

なのだが、息が切れる、足が上がらない。

オンラインでずっと家にいて、それなりに毎日歩くようにしてはいたのだが、我が家は1階、辺りは平地。ということで上り坂が全然登れなくなっていた。今までの通常の生活なら、階段も坂もそれなりに登っていたのだが。いやいや、体力の衰え、恐ろしい。

で、やっと山頂。

それなりに人はいたが、ソーシャルディスタンスを守って。

発達中の入道雲は、この後下山したころには、ゴロゴロと。やっぱり早起きしなきゃね、山は。

そして、お昼は、すぐそばにある「かごめ野菜ファーム」で。(ひまわりの迷路の奥)

おしゃれなランチが食べられるところも、山登りとは言えないな。

急に山登りに向かわなくてよかった(とても無理)。ウォーミングアップが大事。

それでは、花の数々を。

レンゲショウマ

エゾカワラナデシコ

ヤマハハコ

クサボタン

マルバダケブキ

マツムシソウ

シシウド

キキョウ

コオニユリ

エゾリンドウ

花の名前はゴンドラチケット売り場でもらった「入笠に咲く花」で調べたけど、間違えに気づいた方は教えてください。

お手軽で、綺麗で、帰りに美味しいスポットもあり、お勧めの入笠山。(車で日帰り)また行こう。

 

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 ナマステ再び

テーマの著者 Anders Norén