ナマステ再び

ネパール滞在後の日常@主に日本です。

台湾一人旅-三種の神器

年末でひとつ仕事を終え、1月から別仕事が始まることもあって、ちょっと早くに冬休みに突入することに。

だったら、どこかに行かなきゃ。
この季節、暇な人はいないだろう。

ということで、久々海外一人旅。
とはいえ、向こうに知り合いがいないパターンでは初かな。

コースは、成田-LCC-台北-新幹線-高雄-LCC-成田の3泊4日。

一人旅のいいところは、突然の予定変更や、好きなところに好きなだけいられるところ。
ちょっと不安なところは治安と土地勘と言葉。
台北は昨年夏行っていて、治安は問題ないことがわかっていたし、地下鉄の路線がわかりやすいので、土地勘も何とか。言葉は、英語通じないんだよね、中国語は、ニイハオとシェーシェーのみ。こちらはちと不安。

だが、この3種の神器があれば、問題はなかった。

SIMカードと悠遊カードとスマホ。

前回、SIMカードは日本で予約して空港で受取りとしたのだが、今回はAmazonで購入。機内で入れ替えて、到着したら電源入れて切り替え完了。しかも、安い。5日で通話込みつなぎ放題1000円ほど。通話がなければ700円だが、香港で台風で足止めを食った経験のある息子が「通話は大事」と言うのでつけることに。

悠遊カードは、日本でいうSuicaとかPASMOみたいなもの。チャージしておけば、電車やバスの切符を買う手間が省けるし、コンビニはじめまあまあ大きいお店では買い物OK。割引もある。
ほぼ、公共交通機関を使った今回は、非常に楽だった。

更に、スマホ。
SIMを使っているのだから、当たり前だが、スマホでの地図、乗り換え、翻訳とグーグル先生なしではこの旅行は成立しなかった。

この3つがあれば、台湾なら誰でも一人旅できると思うな。
技術の進歩は素晴らしい。

最初の写真は、空港で見送ってくれたサンタさん。

つづく(たぶん年明けに)

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2022 ナマステ再び

テーマの著者 Anders Norén